BLOG.

BLOG.

有隣館日暮里鍼灸院・整骨院

2019.09.02

肩こり

thumb

最近、日ごろの疲れのせいか
肩がこって痛みが出てきた…
という症状はございませんか?
また、以下のようなことはありませんか?

この様なお悩みの方は当院へお越しください

  • 腕を動かすと肩でコリコリ音がする。
  • 肩や首が重く感じることがある。
  • 姿勢が悪いといつも言われる。
  • 肩甲骨の間が痛い。
  • ほおづえや肘まくらをすることが多い。
  • 疲労感が抜けない。
  • 運動不足である。
  • ストレッチはしたことがない。
  • 湯舟はほとんど浸からない。

以上の項目で、当てはまることが多いと感じられる方は、肩こりの恐れがあります。姿勢が癖となり症状が悪化する前にお早めにご相談下さい。

肩こりの原因

thumb

肩こりは、パソコンやスマートフォンの普及により男女ともに多くの方が症状を抱え現代病とも呼べる症状ですが、できることなら、ならないようにするに越したことはありません。

肩こりの原因は多岐にわたりますが、下記が主な原因といわれています。

・同じ姿勢でいる
デスクワークなどは机に向かい、長時間同じ姿勢を続けていることが多いです。その際に首を前に突き出したり、猫背だったりすることで、首から肩の筋肉が緊張し、血行が悪くなることで肩こりが起きます。

・運動不足
様々な理由により運動を行うタイミングがなかなか無い方が近年増えています。運動不足自体、色々な症状を引き起こしますが、肩こりもその一つです。運動不足によって血流が低下し、肩に老廃物がたまりやすくなったり、筋力低下や筋肉が硬くなっていることで肩こりになります。

・眼精疲労
近年ではパソコンやスマートフォンでの細かい作業による眼精疲労や、読書、または繊細な作業による眼精疲労が増えています。更にドライアイから肩こりに繋がるともいわれています。

・ストレス
肩こりがなかなか治らない、そういったときはストレスが関係している場合もあります。人間はストレスを受けると筋肉をこわばらせます。さらに血管を収縮させ血流の流れが悪くなることから肩こりとなります。

 他に原因として肥満や身体の冷え、低血圧、など患者様によって原因は違いますので、荒川区の有隣館日暮里鍼灸整骨院では、原因をしっかりと特定し、根本からアプローチします。
また「肩こり」よる血流の悪化が原因で、頭痛にお悩みの患者様も少なくありません。

当グループならではの肩こり治療について

thumb

慢性的に血液の循環が悪くなり硬くなった筋肉の状態を改善するのにお勧めしているのが鍼灸治療です。

当院の肩こり治療のポイント

  • 硬くなった深層の筋肉にアプローチする鍼灸治療
  • 身体の歪みも考えられるため、骨盤矯正などを組み合わせた治療

慢性的に血液の循環が悪くなり硬くなった筋肉の状態を改善するのにお勧めしているのが鍼灸治療です。
鍼灸治療では、表面からのアプローチでは届きにくい硬くなった深層の筋肉に、直接鍼を刺入することで血液の流れを促し、今まで硬く冷えていた筋肉に酸素や栄養、そして体温を送りこむことができるようになります。そうすると、硬く冷えて動きも悪くなっていた筋肉が緩み肩こりの症状改善につながります。

マッサージが苦手な方や揉み返しがきやすい方などにも大変お勧めです。また、肩こりの原因では筋肉だけでなく身体の歪みも考えられるため、そういった方には鍼灸治療と骨盤矯正などを組み合わせた治療などもお勧めします。ただ、鍼治療というのが「怖い」というイメージをお持ちの方には、治療方法は相談をしながら進めていきますのでお気軽にご相談下さい。

宮本 吉裕

この記事を書いた人

有隣館日暮里
宮本 吉裕
MIYAMOTO YOSHIYUKI
このSTAFFが書いた記事一覧