新型コロナウィルス感染症対策について
BLOG.

BLOG.

リバース千束鍼灸院・整骨院

2020.11.06

初心者ランナーに多い!!膝の痛み ~腸脛靭帯炎~

thumb

今年はコロナの影響もあって、ステイホームの期間が長かったこともあり、運動不足解消にジョギングを始めた方も多かったようです。
きっかけが何にせよ、運動しようと行動をする事は素晴らしいことです。
箱根駅伝も予選会が行われたり、例年であればマラソンシーズンですよね?
一念発起してフルマラソンやハーフマラソンにチャレンジしようとしている方もいらっしゃるのでは?

ただし、気を付けておきたいのはケガやスポーツ障害です。

ランナー、特にビギナーの方に気を付けていただきたいのは、膝の外側に痛みを感じる『腸脛靭帯炎』とよばれる症状です。

今回は『腸脛靭帯炎』を経験された女性の事例をご紹介します。

30代 女性 事務職

  • 膝の外側が痛い
  • ランニングの着地時に膝の外側が痛む
  • 練習を休むと痛みは気にならなくなるが、再開すると痛みも再発する

早くランニングを再開して、フルマラソンに出場したい

ランニングフォームに原因が!

thumb

一般的に腸脛靭帯炎、ランナー膝というと

・過度なランニングやジャンプ
・合わない靴を履いた状態でのランニング
・お尻や骨盤周りの筋肉の硬さ
・筋力不足からくるランニングフォームの崩れ

等が原因となることが多いです。

この女性の場合、着地時に膝が内側に入ってしまう癖が、ランニング時の膝への負担を増加させていました。

この女性の施術の流れは?

初回来院時・・・ランニング時のフォームの確認、周囲の筋肉のコンディションを確認し、まずは痛みの軽減を最優先として筋緊張の緩和する施術を中心に行いました。
術後は痛みが軽減し、膝の曲げ伸ばしも痛いながら出来るようになりました。
痛みは当然戻ることが想定されましたので、セルフケアとして筋緊張を取り除くためのストレッチングをお伝えし、ランニングはしばらく休んでいただくことにしました。

2回目来院時・・・ ランニングは休んでいるので痛みは落ち着いていました。初回にお伝えしたセルフケアもしっかりやっていただいているので、今回は着地時の膝が内に入る癖を修正するための簡単な(地味な)エクササイズをお伝えしました。
また施術も筋緊張の緩和を優先に行いました。

3~5回目来院時・・・膝崩れを予防するためにお尻の筋肉のトレーニングをお伝えして、ご自宅でやっていただくことにしました。

6回目来院時・・・セルフトレーニングの必要性は理解いただいているので、少しずつ強度を調節しながらトレーニングは継続。最初の目標はフルマラソン完走なので、長時間のランに耐えられる体をどのように作るかを確認しあいました。

7回目以降・・・施術は筋緊張の緩和とトレーニングの話をメインに。この方はジムにも通っていたので、エアロバイクを使っての持久力、膝の強化をしていただくようにしました。
その後、少しずつランニングを再開、痛みの出方を確認しながら少しずつ走る距離を伸ばしていきました。

モノを変える カラダを変える プランを変える

thumb

腰から下肢のスポーツ障害の場合、施術で考えることは、

シューズなどの道具が適正か? (モノ)
運動時のフォームは適正か? (カラダ)
トレーニングのメニュー、プランは最適か? (プラン)

をしっかりと見極めていく必要があります。
カラダに関しては、病院や整骨院等に通えばここは当然みていきます。
トレーニング内容も見直すでしょう。

ここで忘れがちなものとしてモノ=シューズ等の道具があります。
適正なシューズ、インソールを使うことでランナー膝や足底腱膜炎などの下肢障害が劇的に改善されることも多いのです。

当グループでは海外の足専門のドクターからも支持されている『インソール』も取り扱っておりますので、必要に応じて処方してまいります。

リバース千束通り鍼灸整骨院では

  • 我々の施術の目的は、クライアント様の『願望実現』と『健康寿命』を伸ばし、人生の質を高めるためのサポートです

当院では膝の痛みがどこから来ているのか、その根本原因を問診、視診、触診、検査を通してしっかりと鑑別し、各々の原因にアプローチし、一日も早い回復を目指します。
その上で
「出来なかったことが出来る」

「再発予防」

「前よりもパフォーマンスが向上する」

を目指してサポートをしていきます。

前述の女性は、その後着実に練習を重ね、初のフルマラソンに出場して5時間台(前半)で完走されました!走ることに関しては全くのビギナーだった方が、スポーツ障害を乗り越え、一つの目標を達成されたことは本当に素晴らしいことです!
その後も色々な大会に参加されて、走ることを楽しんでいらっしゃいます。
今現在はコロナの影響で大会が開催されない日々が続いていますが、ご自身は来るべき時に備えて走っていらっしゃるようです。

当院では痛みなく生活が出来る、仕事が出来る、という事はファーストステップと考えております。その先、楽しくスポーツが出来る、マラソン等のパフォーマンスを上げる、というところまでサポートさせていただく事を目指していきたいと考えております。

日頃から膝の痛みや腰痛でお悩みの方、一度当院までお気軽にご相談ください。
少しでも皆様のお役に立てる様、全力でサポートさせていただきます!

井上知明

この記事を書いた人

リバース千束
井上 知明
INOUE
このSTAFFが書いた記事一覧
IK MEDICARE WORKS
IK MEDICARE WORKS
IK MEDICARE WORKS
IK MEDICARE WORKS
IK MEDICARE WORKS
IK MEDICARE WORKS
IK MEDICARE WORKS
IK MEDICARE WORKS