BLOG.

BLOG.

リバース千束鍼灸院・整骨院

2020.11.21

危険な腰痛!?

thumb

『腰痛』でお悩みではありませんか?

「病院でヘルニアっぽいと言われた」
「長年腰痛に悩まされている」
「年齢のせいかな?」
「力仕事だから一生付き合っていかないと」
人によって感じるところはそれぞれかと思います。

俗に世の中の人の8割は、人生の中で腰痛を経験しているともいわれています。
そんな腰痛ですが、様々な症状がみられます。

今回は腰痛の分類についてみていこうと思います。

腰痛の分類

  • 特異的腰痛と非特異的腰痛

厳密に言うと、世にいう『腰痛』とは病名ではなく、症状を指しています。

そして世の中の腰痛の85%は検査等でも原因の特定できない、(病名を特定できない)『非特異的腰痛』と呼ばれるものです。

これを、さらに細かくみていくと、

〇筋・筋膜性腰痛

〇椎間関節性腰痛

〇仙腸関節性腰痛


等に分類されたりします。

非特異的腰痛は日常の姿勢、仕事やスポーツ動作等々のメカニカルなストレスからくることが多いです。



これに対し、残り15%は病名・疾患名のつくもので、『特異的腰痛』と呼ばれます。




危険な腰痛

thumb

ここで気を付けなくてはならないのが、『特異的腰痛』の中に5%程度の頻度ではありますが、重篤な疾患の隠れている腰痛も含まれることです。

例えば、

・下肢に症状がある
・横になって寝ていても痛みが変わらない
・発症年齢が20歳未満、もしくは55歳以上
・ガンなどの既往歴がある
・急な体重の減少
・発熱

等がみられる場合、「重篤な疾患」が隠れている事があります。


「重篤な疾患」とは、

・腰椎骨折
・悪性腫瘍
・感染症
・解離性大動脈瘤
・馬尾症候群
  etc.・・・があげられます。

もしこれらの疾患だった場合、早期の治療を開始しないと重篤な後遺障害が残ったり、命に関わることにもなりかねません。

これらを鑑別するには、その危険な兆候を正確にとらえる必要があります。
(詳細はまた別の機会に)

ただの「腰痛」、と甘く見ないで何か変だな、と思ったら専門の医療機関を受診しましょう!

thumb

健康に生きられる、時を創る。

  • 私達の目指すものは、クライアント様の『願望実現』と『健康寿命』を伸ばし、人生の質を高めるためのサポートです

当院では「腰の痛み」がどこから来ているのか、その根本原因を問診、視診、触診、検査を通してしっかりと鑑別し、各々の原因にアプローチし、必要があれば他の医療機関とも提携し、根本的な痛みの改善を目指します。

その上で
「出来なかったことが出来る」

「再発予防」

「前よりもパフォーマンスが向上する」

を目指してサポートをしてまいります。

急性の腰痛、慢性的な腰痛でお困りの方は当院までお気軽にご相談ください。

『解剖生理学(施術)』×『運動指導』×『栄養指導』をベースに、お一人お一人に合わせた施術内容、施術の計画を組んで、皆様のお力になれる様、全力でサポートさせていただきます!!

井上知明

この記事を書いた人

リバース千束
井上 知明
INOUE
このSTAFFが書いた記事一覧