新型コロナウィルス感染症対策について
BLOG.

BLOG.

リバース千束鍼灸院・整骨院

2020.03.08

眼精疲労が酷くなって不眠!?(´・ω・`)

thumb

皆さんは夜、布団の中でスマホでメールをチェックしたり、動画を見たりしていますか?
私自身も布団の中で調べものをしたり、懐かしい映像を見てしまう事もあります(汗)

さて、パソコン作業で目が疲れる→肩がこる→頭が痛い、ここまでは多くの人が経験するループかと思います。
人によっては夜眠れない、という嬉しくないオマケが付いてくる事もあります。
こういう方達の場合、色々な要素が絡まり合っているのですが、今回はそんなお悩みで来院された男性のケースをご紹介いたします。

30代 男性 SE 眼精疲労、頭痛、肩こり、不眠

  • 仕事でずっとパソコン作業をするので目が疲れる
  • 目の奥が痛くなってくると頭痛が出る
  • 慢性的な肩こり
  • 夜布団に入っても眠れない
  • 首や肩を動かしても強い痛みは出ないが、首がスムーズに動かない

この方は、3ヶ月くらい前から仕事が忙しくなり、その頃から目の疲れ、頭痛、そして疲れているのに夜眠れない、といった症状が出るようになったとの事です。

よくよく話を聞いてみると、症状が出る少し前からフリーランスになり、夜勤の職場に移って
いたとの事。
環境の変化、昼夜逆転の生活が自律神経の乱れを呼び、以前だったら回復していた疲れも戻りにくくなり、さらには不眠症状まで引き起こしていたと考えられます。

目を酷使からくる眼精疲労、緊張性の頭痛、肩こり、自律神経の乱れによる不眠症状

thumb

眼精疲労が頭痛や肩こりにつながる事は何となくイメージできると思います。

それでは『自律神経の乱れ』とはどんなものでしょう?

そもそも自律神経は、内臓の働きや代謝、体温などの機能をコントロールするために、己の意思とは関係なく24時間働き続けています。昼間や活動しているときに活発になる「交感神経」と、夜間やリラックスしているときに活発になる「副交感神経」の2種類があります。

心と体の状態を活発にする「交感神経」と、心と体を休ませる「副交感神経」がうまくバランスを取りながら働いているおかげで健康な状態が保たれているのですが、このバランスが崩れると心身に支障をきたします。いわゆる『自立神経の乱れ』た状態です。
人間関係の悩み、仕事でのプレッシャーによる精神的ストレス、過労による肉体疲労の他、昼夜が逆転したような不規則な生活などが、自立神経の乱れの原因になるといわれています。

自律神経が乱れれば、代謝機能、回復機能が低下し、結果として、ただの疲れ目も眼精疲労となり、痛みやコリも長く続く事になってしまうのです。

この方の治療の流れは?

thumb

初回来院時・・・まずは筋緊張を緩める施術を行い、様子を見ることにしました。併せて自宅で出来るストレッチ等の簡単なセルフケアをお伝えし、3日後に再度の来院を促しました。

2回目来院時・・・前回の施術後久しぶりに良く眠れたとの事でした。方向性は間違っていない事を伝え、前回同様の施術と、セルフケアの種類を増やしました。

4回目来院時・・・まだ肩こり感は残っているものの、頭痛や不眠症状が落ち着いてきたようです。何より大きかったのは、仕事の繁忙期が過ぎ、夜勤が無くなった事です。
当初は症状変化が無ければ、鍼灸等他のアプローチも試す予定でしたが、経過は悪くないので、筋・骨格へのアプローチをメインに、施術の間隔を週に1回にあけてみることにしました。

6回目来院時・・・仕事の負荷も減り、体も楽になっているとの事でした。今後は症状が戻らない様定期的なメンテナンスを継続する事を提案いたしました。

リバース千束通り鍼灸整骨院では

  • 健康に生きられる、時を創る。

当院では眼精疲労や頭痛、肩こり、不眠等の症状がどこから来ているのか、その根本原因を「問診」、「視診」、「触診」、「検査」を通してしっかりと鑑別し、各々の原因にアプローチし、一日も早い回復を目指します。

その上で
「出来なかったことが出来る」

「再発予防」

「前よりもパフォーマンスが向上する」

を目指してサポートをしていきます。

前述の男性は、症状が落ち着いてきたので、学生時代からの望み通り、海外での仕事のための準備をしているそうです。

この男性のケースでは、回復を阻害している、夜勤という大きな要因が無くなった事が症状軽減につながりましたが、そうでなければまだまだ症状は長引いていた可能性もあります。

特に不眠等の自律神経からくる症状は長引く事が多いです。
一般的には半年と言われるくらい、体質を改善するという事は、それなりの時間がかかります。

そのようなケースであっても、当院としましては、しっかりと症状に向き合い、痛みや辛さが無く仕事が出来る、という事はファーストステップと捉え、
その先、日々の生活が充実して、本来こういう事をやりたい、もっとこんな仕事が出来る様になりたい、という事を目指してサポートさせていただきたいと考えております。

慢性的な肩こり、眼精疲労、頭痛、不眠等の症状でお困りの方、是非一度当院にご相談ください。
お一人お一人に合わせた施術内容、施術の計画を組んで、少しでも皆様のお役に立てる様、全力でサポートさせていただきます!!

井上知明

この記事を書いた人

リバース千束
井上 知明
INOUE
このSTAFFが書いた記事一覧
IK MEDICARE WORKS
IK MEDICARE WORKS
IK MEDICARE WORKS
IK MEDICARE WORKS
IK MEDICARE WORKS
IK MEDICARE WORKS
IK MEDICARE WORKS
IK MEDICARE WORKS